もどる


 KLEIN   Attitude 1991 (KLEIN USA) リストア


#17 ドライブトレーンの取り付け


★今回は、前回購入したドライブトレーンのバーツを、ATTITUDEに組み付けてみることにしました。

ディスプレイスタンド上で作業してましたが、ぐらぐらしてます。

やっぱ本格的なメンテナンススタンドが欲しいですな。高いから買えないけどね、、、


パーツに付属してきた説明書とか、メンテナンス本を読みながら組み付けていきます。これらは最新型の部品なんですが、組み付けは非常に簡単になっています。意外なことだが、むしろ簡単なんですヨ。

vブレーキなんて超簡単に装着可能ですな。2−3分でできちゃいます。

でも、次の問題が発生しました。


●Fディレーラーは31.8mmのバンド径のものを入手したんですが、フレームの粉体塗装の塗膜が厚いせいで付属のボルトが届かないんです。計ってみたらシートチューブの径が33mmくらいありました。、、、、で、どうやったかというと、、、、昔使っていたXTのFディレーラーのバンド用ボルトが少々長かったので、これを流用して解決しました。

●リアディレーラーには苦心しました。なかなかきっちり変速しないんです。なんでかな、、、チェーンラインがオリジナルとちょっと違うからだろうか、、、でも、いろんな調整をして、なんとか変速するようにしました。延べ7時間もベストセッティングを求めて試行錯誤してみました(笑)。、、、、しかし、シマノの説明書、わかりづらい、、、


★今日のまとめ

主宰自身にとって初めてのパーツ組み付けでしたが、案外うまくいきましたな。

もっと悪戦苦闘するかと思ってました。

たとえばワイヤーを10本もダメにするとか、アウターを切りすぎちゃうとか、永遠に変速できないとか、ディレーラーハンガーをねじ切ってフレームを廃棄するとか。

なんでもやってみるもんですね。案外簡単だったので、ちょっと拍子抜けしました。

でも、きっとホイール組みとかハブの分解とか、ヘッドセットの分解とかはすごく難しいんだろうなー。

これらにも、いつか挑戦してみたいです。


つづく!

inserted by FC2 system